AMHを測定して卵巣年齢をチェックする

AMHとは

AMHとはアンチ・ミューラリアン・ホルモンの略です。

AMHは発育卵胞から分泌されるホルモンで、この値が卵巣内の卵子の数にリンクしていると考えられることから、卵巣の機能(卵巣予備能)、つまり「卵巣年齢」を知る指標とされています。
このためAMHは、卵子提供プログラムでは、エッグドナーの卵巣年齢を事前にチェックするための重要な指標となっています。

このAMHの値は卵子提供プログラムのように特別なケースにのみ、必要なわけではありません。
妊娠が可能な全ての20後半の女性、30代の女性はAMHの値を測定することをお勧めします。

AMHはなぜ重要な指標なの

あなたが、自分は年齢よりも若く見えて、婦人科系の病気もないから大丈夫などと考えていたら、それは大きな間違いかも知れません。

女性の年齢は、卵子や卵巣の状態に密接な関係があります。
このため、実年齢より重要なのが卵巣年齢です。
あたなの見た目が若くても、実は実年齢以上に卵巣の老化が進んでいる可能性も考えられるからです。
そして一度老化してしまった卵巣は、もう元に戻すことはできないのです。

このためAMHの値を計ることは、あなたの人生設計を考える上で、大きな役割を果たすことになります。
仕事の都合や家庭の事情で妊娠を先延ばしにしている人は、本当に先延ばしにしていて大丈夫なのかを確認することができるのです。

ちゃんと検査を受けて自分の卵巣年齢を知っていれば、あの時もっと早く妊娠しておけば良かったとか、赤ちゃんが欲しい時になって、すでに卵巣が老化して自己卵での妊娠が望めなくなったということを回避することができるのです。
そう後悔先に立たずです。

AMHはどんなホルモン?

卵巣内の原始卵胞は、発育卵胞、前胞状卵胞、胞状卵胞、成熟卵胞という成長過程を辿った後、排卵します。

AMHは6〜8mm未満の少発育卵胞の顆粒膜細胞から分泌される、卵胞の発育を調整するホルモンです。

少発育卵胞数は卵巣内に存在する原始卵胞の量を反映するため、原始卵胞の量が多いほどAMHの数値は高くなります。
このことから逆にAMHの測定によって、卵巣内に発育可能な卵胞がいくつ残っているのかを推定することが出来るのです。
一般的にAMHの値が、0.5〜1.1 ng/ml 未満の場合は卵巣機能が低下していると判断されます。

AMHは排卵間近の主席細胞からは分泌されないため、月経周期を通じてほぼ一定です。
またホルモン療法による影響も受けません。

AMHを理解しよう

AMHは従来の方法よりも、正確に卵巣年齢が把握できるのです。
不妊治療を受けられている方、これから不妊治療を開始しようという方も、不妊治療のスケジュールを立てるうえで、AMHの測定は重要です。

不妊治療を開始して、既にAMH値が低い人は、タイミング法や人工授精などを試して回り道をしている暇はありません。
すぐに体外受精を開始するなどの対応が必要なのです。

年齢とともに、卵巣機能が低下するのは避けられないことですが、個人差も大きいものです。
卵巣の手術を受けたことがある人、FSHが高めの人、親戚に早期閉経の方がおられる場合や、チョコレート嚢胞がある人等は、卵巣機能の低下のリスクが高いので、必ずAMHの測定を行いましょう。

ただ、数値には個人差が大きく、若くても数値が低い人もいれば、40代でも比較的高い場合もあります。
数値が低いと妊娠には不利といえますが、だからといって妊娠できないと考えるのは早計です。

なぜなら、妊娠できるかどうかは、卵子の「数」ではなく、「質」だからです。
AMHは卵巣内の卵子の数の指標であって、卵子の質とは直接関係ありません。

AMH値が低いからといって卵子の質が低いとは限りませんので、AMHが低くくても質のよい卵が排卵されて、妊娠のためのさまざまな条件がととのえば、妊娠は可能です。

ただ、それでもご自分のAMH値を知っておくことは、自分の身体を知るという、とても大切なことに違いありません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です